フィラリアの症状|知っている人もおさらいしよう!フィラリアと薬の種類について
黄色の錠剤

フィラリアの症状

色んな薬

フィラリアはイヌ糸状虫症とも呼ばれており、その名のとおり糸状の寄生虫が犬の心臓に寄生して様々な症状を引き起こす病気です。
心臓から溢れた場合は肺動脈にも寄生するため、呼吸器や循環器系の症状が見られます。
フィラリアは厄介なことに、感染初期の頃には症状がなく、異変に気付いたときには既に末期まで進行してしまっていることがほとんどです。
最初に見られる症状は咳で、次に元気をなくしたり運動を嫌がるようになりますが、このときには既に心臓や肺にフィラリアが寄生してしまっています。
変な咳をしたときはフィラリアに感染していることを疑い、動物病院へ連れていくことをオススメします。
進行していくとこれらの症状の他に、肝臓や腎臓機能の障害や異常に水を飲みたがったり、腹水やむくみなどの症状が見られるようになります。
これらの症状が出たときには、すぐに動物病院へ連れていき、獣医師に診てもらいましょう。

このような症状が出てしまうと、感染している犬も苦しい思いをしてしまいます。
飼っている犬に苦しい思いをさせないためにも、蚊が飛び始める時期になってから一ヶ月後にやってくる投薬シーズンのときにフィラリアの予防薬を飲ませ、予防をしましょう。
今は薬の種類が増えたことにより、投薬方法も選べるようになったため、ペットの性格に合わせて薬を選ぶこともできるようになっていますよ。