オススメの薬の種類は?|知っている人もおさらいしよう!フィラリアと薬の種類について
黄色の錠剤

オススメの薬の種類は?

手のひらの薬

犬猫用のフィラリア予防薬の中で、最も人気があり、主流になってきているのがチュアブルタイプという種類の薬です。
このタイプの薬は、おやつのような形になっているため犬の食いつきもよく、最も与えやすいという特徴があります。
薬が苦手で吐き出してしまう犬でもチュアブルタイプなら飲んでくれたという声も多くあがっており、海外のペット用の医薬品でもチュアブルタイプの数が最も多いです。
はじめて犬を飼っているという人は、まずはチュアブルタイプのフィラリア予防薬を購入すれば、まず失敗なく飲ませることができると思います。
錠剤タイプの薬も餌に混ぜやすいというメリットがありますが、薬が苦手な子だとこっそり吐き出してしまうこともあるので、確実に飲ませる必要があります。

どうしても錠剤やチュアブルタイプでは駄目だという場合は、スポットタイプや注射式のフィラリア予防薬を使うことをオススメします。
スポットタイプは首筋に垂らすだけで効果を発揮してくれるもので、少々値段があがりますが薬を極端に嫌がる子にはぴったりなタイプだといえます。
餌に混ぜ込む必要もありませんし、無理に口を開けさせて飲ませる必要もないので、ストレスも少なくフィラリア予防薬を投薬することができるのが一番のメリットでしょう。
効果が持続するのは注射式のフィラリア予防薬ですが、副作用が出やすいのではと懸念されていたり、注射なのでペットにとってストレスが大きいのではと心配する声もあるようです。
ですが、飲ませ忘れなどの心配がないのが注射式の良い所なので、確実に予防をしたいという人は注射式を選ぶのもありだと思います。
どの薬の種類でも犬猫共通であることは少なく、きちんと犬用と猫用に分けられているので、犬だったら犬用、猫だったら猫用の予防薬を購入しましょう。