糖質の過剰摂取は肥満の原因の一つです。
ですので、糖質制限をすればダイエットにつながるということは理解できますね。
しかし3大栄養素ですから、過度の摂取制限は健康を阻害するのではと不安に思う方もいるでしょう。
そもそも糖質制限ダイエットはなぜ効果が期待できるのか、そのしくみや注意点をご紹介していきます。

普通の食事には糖質が含まれています。
糖質はすぐにエネルギーに変換されますが、消費量が少ない場合は脂肪となって蓄えられます。
これが積み重なると、脂肪がどんどん増えてしまい太ってしまうのですね。
糖質制限ダイエットをすると、エネルギーに必要な糖が不足するため、体内に蓄積している中性脂肪が分解されてエネルギー源として使われます。
つまり、糖質を制限すれば脂肪が減るというしくみなのですね。

また、糖質を制限すると血糖値の上昇が抑制されます。
血糖値が上がると、その数値を下げるためにインスリンと呼ばれるホルモンが分泌されます。
インスリンは肥満ホルモンとも言われていて、大量に分泌されると糖を脂肪細胞に取り込ませる働きを持っています。
そのため血糖値が急激に上昇すると、インスリンも大量に分泌されるため脂肪細胞が肥大化して肥満になってしまうのです。
血糖値の上昇が抑えられればインスリンの分泌も減少します。
そうなれば糖によって脂肪細胞が肥大化しなくなるので、結果的にダイエットにつながるのですね。

体に良い糖質制限ダイエットですが、一つ注意点があります。
それは正しいやり方をするということです。
糖質制限というと、甘いものをいっさい食べず、炭水化物を摂らなければいいと思う方も多いでしょう。
確かに甘いものは食べる必要はありませんが、炭水化物に含まれる糖質は脳のエネルギーとなります。
脳のエネルギーは糖質だけなので、極端な糖質制限をしてしまうと脳が栄養不足になってしまいます。
そのため間違った糖質制限ダイエットをすると、無気力や脱力感、めまいや強い眠気などの症状が出ることがあるのです。

また糖質制限は糖質の摂取を制限するダイエットで、カロリーを制限するダイエット法ではありません。
それなのにただいたずらに食事制限をしてしまうと、エネルギー不足になってしまいます。
人間は寝ているだけでも基礎代謝というエネルギーを消費していて、エネルギー源が不足すると筋肉からアミノ酸を作り、糖を生成します。
筋肉は脂肪の燃焼効率が高い組織なので、筋肉が分解されて量が減ると痩せにくく太りやすい体になってしまいます。

糖質制限ダイエットは、正しい方法を実践してこそ効果が期待できます。
自己流でやらないようにすることが、成功への第一歩と言えるでしょう。

飲むだけで痩せる!シュガリミット>>