シュガリミット

糖質制限ダイエットをすると、ダイエット前よりもイライラすることが多くなったと感じる方が多いようです。
ダイエットをすればイライラするのは当然と思う方もいるでしょう。

しかし糖質制限ダイエットの場合は科学的に根拠があるので、度合いに違いはあっても、ほとんどの方がイライラを感じます。

この状態を乗り越えられないと、リバウンドやドカ食いでダイエットに失敗してしまうので、根拠を理解して上手にイライラと向き合っていきましょう。

糖質制限ダイエットのイライラの理由は2つ挙げられます。

まず科学的根拠となるのが、糖質には脳内報酬系の神経を刺激するということです。
脳内報酬系の神経が刺激されると、ドーパミンが分泌されて心地よさや満足感を得られます。
人間は、欲求が満たされている快感を潜在的に求めて行動しています。

人によって欲求の対象は違いますが、一番手軽に欲を満たして快感を得られるのは食事です。
その中でも、ダイレクトにドーパミンの分泌を促してくれるのが糖質をたくさん摂取できる食事なのです。

よく甘いものは別腹と言いますが、これは糖質によって得られる満足感が糖質の少ない食べ物では得られないことから由来しています。

糖質制限ダイエットをすれば、今までよりも糖質の摂取量が減りますから、快感を感じることも少なくなります。
つまり潜在的な欲求が満たされなくなってしまうのです。

そうなると人間は無意識のうちにイライラするため、糖質制限ダイエットをするとおおらかな人でも短気になったり怒りやすくなったりするのですね。

もう1つの理由は、脳のエネルギー不足です。
脳のエネルギーとなるグルコースは糖質に含まれています。
そのため、糖質を制限すると脳が必要とするグルコースを十分に摂ることができなくなります。

人間はお腹が空くと落ち着きがなくなったり、イライラしますね。
これと同じ状態が脳にも起こると言われています。

糖質制限ダイエットは食事量を大幅に減らすダイエットではないので、ダイエット中でも満腹感を得ることは可能です。

しかし、いくら空腹が満たされても脳の主食となるグルコースは足りていません。つまり脳が満たされていないことがイライラにつながってしまうのです。

ただし、糖質制限ダイエットでイライラするのは最初の1ヶ月ほどだと言われています。体が少ない摂取量に慣れてくれば、その状態に対応できるように変わってきます、

慣れればリバウンドのリスクも軽減されますし、ダイエットの効果も出やすくなってくるので、イライラしても気にしないでダイエットを続けましょう。

イライラが我慢できない場合はシュガリミットで糖質活用をするダイエットに切り替えましょう。

シュガリミットのキャンペーンはコチラ